紫葵岡本駅

提供: Tanukipedia
ナビゲーションに移動 検索に移動

この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図・城栄」とはTANUKI氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。詳細はここをご覧ください。

(※)Tanukipediaは架空世界の情報を整理するためのウィキです。架空世界を造っている人なら条件を満たせば誰でも記事を執筆できます(執筆可能な内容について詳しくはこちらをご覧ください)。

紫葵岡本駅
駅名標
駅名標
しきおかもと - Shiki-Okamoto[1]
所在地 山瀬県岡本市
所属事業者 南城栄旅客鉄道(JR南城栄)
岡本鉄道
駅構造 地上駅
ホーム 3面5線
(智葵線2面3線・岡本線1面2線)
開業年月日 1917年6月9日
乗入路線 2 路線
所属路線 智葵線
キロ程 88.4km(田代起点)
川島 (9.0km)
(5.1km) 作田
所属路線 岡本鉄道岡本線
キロ程 0.0km(当駅起点)
◄ (km)
(4.2km) 猪原
紫葵岡本駅」は、実在しない架空の駅です。
実在の駅名・人物・団体とは一切無関係です。
国鉄時代の紫葵岡本駅の駅名標

紫葵岡本駅(しきおかもとえき)は、山瀬県岡本市にある南城栄旅客鉄道(JR南城栄)および岡本鉄道の駅。

概要

岡本市の中心部にあり、同市の中心駅である。

駅名は、他の「岡本駅」との区別のために旧国名の「紫葵」を冠したものとなっている。

駅構造

智葵線2面3線・岡本線1面2線の合計3面5線のホームを持つ地上駅。

智葵線は川島方面が単線、作田方面が複線である。岡本線は当駅が起点であり、当駅から単線区間が続く。両線の線路は繋がっているため、相互直通運転は可能である。

トイレは水洗式である。

のりば

1 智葵線 笹川方面
2・3 智葵線 田代方面
4・5 岡本鉄道岡本線 紫葵坂口影山方面

周辺

  • 岡本市役所

沿革

  • 1917年6月9日 - 智葵北線の終着駅として開業。
  • 1920年11月30日 - 智葵北線が佐戸屋駅まで延伸し、途中駅となる。
  • 1929年5月11日 - 路線名称の変更により智葵線の駅となる。
  • 1955年10月29日 - 岡本線が坂口駅まで開業し、分岐駅となる。
  • 1987年4月1日 - 国鉄民営化に伴い智葵線は南城栄旅客鉄道(JR南城栄)に、岡本線は岡本鉄道に継承される。

隣の駅

南城栄旅客鉄道
智葵線
川島駅 - 紫葵岡本駅 - 作田駅
岡本鉄道
岡本線
紫葵岡本駅 - 猪原駅

脚注

  1. 岡本鉄道のホームに設置された駅名標は国鉄時代のままのものが使われており、全て大文字で「SHIKI-OKAMOTO」と表記されている。

外部リンク

智葵線
古野・米倉方面<<)田代 - 智中高島 - 大友 - 新田代 - 智中滝本 - (莢谷信号所) - 米倉空港 - 素花 - 西素花 - 智中田倉 - 浅谷 - 重森 - 智中井沢 - 大勝(>>弘中方面) - 智前河上 - 国光 - 紫葵村川 - (新村川信号所) - (智前江角方面<<)紫葵杉本 - 佐戸屋 - 古橋 - 川島 - 紫葵岡本 - 作田 - 紫葵広末 - 幾田 - 望月 - 森弓 - 紫葵小野 - 拝郷 - アトム笹川 - 新笹川 - 笹川(>>山瀬方面春野方面


岡本鉄道岡本線
紫葵岡本 - 猪原 - 紫葵黒谷 - 紫葵坂口 - 影山