想界長

提供:Tanukipedia

この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図・城栄」とは想像地図の人(TANUKI)氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。詳細はここをご覧ください。

(※)Tanukipediaは架空世界の情報を整理するためのウィキです。架空世界を造っている人なら条件を満たせば誰でも記事を執筆できます(執筆可能な内容について詳しくはこちらをご覧ください)。

このページ名「想界長」は暫定的なものです。
(仮称)想界長
想界単位系
長さ
SI 1.068910146 m
テンプレートを表示

想界長は、想像地図世界(想界)における長さの単位である。

概要

更紗翻訳解釈により、「想界では本当は日本語と異なる言語が使われているが、想像地図はそれを日本風に翻訳したものである」と規定されている。単位系(度量衡)についても同様の解釈がなされ、「想界では本当は地球の単位系と異なる単位系が使われているが、想像地図のデータは全て地球の単位系に換算している」と解釈される。その「本当は使われている長さの単位」として想定されるのが、「想界長」である。ただし、「想界長」という呼び名は日本語での仮称であり、想界で「想界長」のことが何と呼ばれているかについては、2019年12月現在、未設定である。

1 想界長 = 1.068910146 m である[1]。これは、泉星(想界惑星)の北緯37度と36度の間の子午線弧長を90倍して1千万で割った長さに等しい[2]

脚注

  1. 2019年12月20日 17:12のツイート
  2. 泉星は真球ではない(赤道半径の方が極半径よりも大きい扁球のため、緯線の間隔は一定ではなく、赤道と北極の間の子午線弧長を1千万で割った長さ 1.06920 m とは一致しない。

関連項目

外部リンク