南栄スカイバンブー

提供:Tanukipedia

この記事では、架空地図作品である「想像地図・城栄」に関する話が記されています。この記事の内容は架空の世界内における事象であり、現実の地名・人物・団体等とは一切関係ありません

なお、「想像地図・城栄」とは想像地図の人(TANUKI)氏により創作が行われている、架空の土地を想像して描いた地図およびその地図を作ることを趣旨とする創作活動のことです。詳細はここをご覧ください。

(※)Tanukipediaは架空世界の情報を整理するためのウィキです。架空世界を造っている人なら条件を満たせば誰でも記事を執筆できます(執筆可能な内容について詳しくはこちらをご覧ください)。

南栄スカイバンブー(なんえいスカイバンブー)は、南栄都松下区竹辺にある電波塔である。周辺に併設された観光施設は「南栄スカイバンブータウン」と呼ばれる。2016年8月に電波塔・観光施設として開業した。

南栄スカイバンブー」は、実在しない架空のタワーです。
実在の事物とは一切無関係です。

概要

2005年頃[未設定]から既存の電波塔である南栄タワーに代わる新タワーの建設が計画され、最終的に竹辺駅近傍の工場跡地[未設定]が選ばれた。

2013年に着工され、およそ3年の期間を掛けて2016年4月11日に竣工、2016年8月19日に展望台部分が開業した。

高さ

着工当初は700mとする計画であったが、南栄周辺の旧国名である「菜綱国」の語呂合わせで727mとなった。

名称

正式名称決定までの仮称は「新南栄タワー」であった。スカイバンブーという名称は、天空へ真っ直ぐ立つ竹をイメージしたものであり、さらに立地地点の地名の「竹辺」にもちなむものとなっている。

なお、他の名称候補としては「第二南栄タワー」や「大与戸タワー」などがあった。

歴史

  • 2013年 - 起工式典を行い着工。
  • 2016年4月11日 - 竣工。
  • 2016年7月24日 - 松下区民を対象とした内覧会を実施。
  • 2016年8月19日 - 展望台部分が開業。

交通アクセス

鉄道

関連項目

外部リンク