利用者:Wikata

提供: Tanukipedia
Jump to navigation Jump to search

Wikata(Rano)は、日本の学生。千葉県松戸市出身、東京都八王子市在住。日出国プロジェクト主宰。

概要

2012年より、日出国プロジェクトと題し架空の国「日出国」の架空地図を制作。地図では特に「日常感」を意識しており、地図は日常を映す一つのツールにすぎないと考えている。また都市景観の再現やフロアガイドなど、架空制作物も日常を表すものが多い。いばらの研究所データ損失事故以後は、主に多奈崎周辺を表す広域地図やフロアガイドなどの付随物に注力している。

高校では演劇部や新聞部・放送部・JRC及び山岳部に所属。また日出国制作で培ったノウハウを基に、部活や数々の行事でのパンフレット・フライヤー作成や紙面レイアウト編集等を行う。なかでも新聞部在籍当時に部活動の一部として個人的に製作した校内マップ及び校舎配置図は、2016年初頭に学校側に採用され、校内数か所に掲示されるに至った。

演劇部は新聞部入部時に知り合った友人の勧誘で入部し、照明・音響・舞台監督・大道具及びキャストの経験がある。なかでも照明は2度経験している(2016年7月現在)。キャストとしては、2014年11月の地区大会及び千葉県大会においてミス・ダンデライオンの野方耕市役を演じる。演劇部への入部は高校入学時まで全く考えておらず、入部の決断も興味本位であったと話しており、「新聞部に入部していなければ演劇と出会うこともなかっただろう」とも公言したことがある。2015年10月に演劇部を引退して以後は放送部やJRC部等、定期的な活動が無い部活にのみ所属している。

2015年6月ごろから、大学受験勉強を意識した活動の縮小を徐々に実施中である。

2017年4月、都内の大学に入学。引き続き演劇サークルに加入。

2017年10月、八王子市に転居。次いでファッションショー制作サークルに加入。ウェブ制作会社でのアルバイトも開始し、次第に活動の幅を広げつつある。

2018年9月より秋田・盛岡への旅行を実施。これらの都市は、自身の製作する空想地図である「多奈崎市」に都市規模が近しいため、巡検・視察という性格を帯びた旅行となった。本旅行終了後、多奈崎市の人口はおよそ37万人に下方修正されたが、これは当初の設定の半分ほどである。


名前について

当初はWikata(居方、伊方、居潟等表記揺れあり)を名乗っていたが、2013年11月より「いばらの」に変更、更に2014年4月中旬以降は入部した演劇部で名づけられた「安長」をtwitterの名義に使用し、「いばらの」と「安長」の併用状態になる。さらに2016年ごろから「いばらの」名義を徐々に「Rano」に変更し、現在に至る。同じ高校に通うフォロワーからは「安長」、高校入学以前からのフォロワーには「いばらの」と呼ばれる傾向にある。

「いばらの研究所」

日出国の地図の制作や、日出国プロジェクトの実質的な主体はRano本人であるが、主に本Wikiにおいて「日出国プロジェクト」の主宰として便宜的に任意団体「いばらの研究所」の名が使われることがある(ex.いばらの研究所データ損失事故)。名称の「いばらの」は、前述のようにインターネット上での名義が「いばらの」だった時代の名残である。また、これまで日出国プロジェクトの制作に携わった人の中で「いばらの研究所」に属したことのある人は未だに存在しない。

年表

人物

  • 幼少期から帰省での長距離移動を多く経験しており、現在の空想地図制作のきっかけになったとされている。
  • 身長は比較的低く、中学校のクラスでは前から数えた方が早かったようである。視力は詳細な値は明らかになっていないが、視力低下がみられてからも眼鏡の着用をしないまま過ごしていたところそれ以上視力が低下しなかったとのこと。
  • 普通自動車免許を所持している。
  • 2018年4月までに日本のすべての都道府県への訪問を達成している。

主な趣味

  • 空想地図製作
  • 旅行
  • インフォグラフィックス編集?
  • デザイン?
  • ウェブサイト制作
  • フロアガイド蒐集
  • カラオケ


関連項目